足跡26 子供から学ぶことは多い

こあんたです。

前回は、子供は、親を選べない.

だから、親は不勉強ではいけないという話をしました。

子供に勉強をしろという前に、自分がしろと、そういう話でした。

でと、今日は、タイトルから、

子供から学ぶことは多いということについて

書いていきます。

何を偉そうにっ!

・・・

悪いかっ!w

一つ一つ進歩していきたいと思います。

うちの子供はつい先日、2歳になりました。

べらべらしゃべります。

パパ、父さん、

たまに、こあんたちゃんフォーク持ってきて!

 まさかの「ちゃん」付けで呼びます。

 さらには、召使いのように扱われます。

父としては、突っ込みどころ満載で、笑ってしまいます。

そんな我が子は、無償の愛を受けてるわけですが、

無償の愛って、すごいですよね。

ただ、かわいいだけで、なんでもしてもらえるんですから。

でも、

子供は、対価を払ってると思うんですよねー

親になってからじゃないとわからない、感じられないかもしれないですが、

子供の笑顔ほど、価値のあるものなんて、

ないでしょ。

純粋、無垢。

何がおかしいのか、わからないけど、

笑う。

大人がこれを作れますか?

疲れて帰ってきて、

ただでさえ疲れてるのに

私の遊び相手をしろと。

そんな相手がいたら、普通の社会なら

ストレスMAXだと思うんですけど

子供は違います。

遊んであげて楽しければ、

目一杯、笑顔を作ります。

自然と親も笑顔になります。

あなたは、笑顔になる経験にお金を払いますか?

価値のあるものだと思いませんか?

自分は、仕事をしていて、

笑顔になることは少なくなったなーと

思います。

仕事は遊びながらやるもんじゃないですから、

でも、転職を繰り返して

笑顔になれる職場と

そうでない職場があります。

自分に合う、合わないもありますし、

そのほとんどは、人に関する悩みがほとんどで、

人間関係がいいと、自然と仕事も楽しくなってきます。

あ、ちなみに、

今の職場は、とても静まりかえってます。w

変えて見せますがw

さて、ちょっと脱線しましたが、

子供は無償の愛を受けてるという話から、

たまに、むッっとなる瞬間があります。

それは、自分の思い通りにならないときです。

幸いにも、娘に対して、怒ったことはないですが、

時間に追われたり、なんかむしゃくしゃしたり

そんなときに、怒りを娘にぶつけそうになるときはあります。

youtube先生の動画を見ていて、

よく、上司との関係は、今まで育ってきた、

親との関係に似ていますという話を聞きました。

まったくもって、その通りだなと。

自分が上司を尊敬しないように

たぶん、自分の親も尊敬してないんだなーと

いや、いい親です。そうは思っても

言葉には表さず。

結構、冷たい態度をとってる感があります。

上司に対しても、同じです。

何かと対立を起こします。

今思うと、子供が親に反抗してるように思います。

親に反抗してるから、親は怒る。

上司に反抗してるから、上司は怒る。

そんな関係性って、なんとなく成り立つなぁーと思う今日この頃です。

我が子に、自分が怒らないのは、

たぶん、どこか、自分の肯定感を育んでいるからなんでしょうね。

自分めっちゃ、自己肯定感低いんでw

逆に、今の上司を認めることが、出世の秘訣かもしれませんね。

今日もありがとうございましたー

上司をおだてましょう!賛同してくれる方はクリックどうぞ。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 勉強しているサラリーマンへ


にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました

▲TOP