ハーバードの人生を変える授業 子を育てる

雑記

こあんたです。

タイトルにある通り、「ハーバードの人生を変える授業」

ハーバードの人生を変える授業 (だいわ文庫) [ タル・ベン・シャハー ]

価格:770円
(2020/6/24 15:46時点)
感想(7件)

の抜粋です。

この本は、やばい・・・・。いい意味でw

700円で、買えるとか。コスパ感半端ない ><
ありがとう!だいわ文庫!!!

 

 

で、その本からそのまんま抜粋。

week 25 「子を育てる」

「自らがつらい経験をしたことのある親の多くは、
自分の子どもたちにはもっといい人生を送ってほしいと願っています。
子どもにはできれば不愉快な経験を避けて通ってほしいと
親が願うのは美しいことですし、その願いは子供に対する
愛情と気配りから生じたものです。」

うん、うん。家の妻がまんまソレだな。(*’▽’)

「しかしこうしたことを望む親たちが見落としてしまいがちなことがあります。
それは困難から子供たちを守ることは、短期間であれば子供たちの人生をより快適にできても、
結果的には、自信や、失敗から回復する力、人生の意義を知ること、そして対人関係に関する大切な
スキルを身につける機会を、子供たちから奪っているかもしれないということです。」

はっ( ゚Д゚)!!とさせられることが多く、他の章にもがっつりあります。

この後に、Think として、こんな風に続きます。

「子どもがいるかどうかにかかわらず、次のことを考えてみてください。
自分の子どもや大切に思っている他の人の子どもに対して、
できるかぎり楽な人生を与えたいと思いますか。
何でも手にすることができるとしたら、子どもがその「贅沢」を味わうために、
どんな代償を払わなくてはいけないでしょうか。」

子どもがいないときなんて、考えもしなかったけれど、
そうなんだよねー、よく考えて接してあげないと
何にも考えない、人についていくだけの子になっちゃうよねー
学校教育なんて、考えさせないことが一番だったりするから
目の前で起こってることに無関心だったり、
副業なんてアイディアでねーよっ!

って、こあんたみたいになったりするのかな!?(笑)

次にAction 「手を出さない」

「自分の子どもであっても、他人の子どもであってもかまいませんが、
ある子どもとあなたの関わりについて考えてみてください。
その子どもの人生に介入することで、もっとその子の人生を楽にできたかもしれないと
思う場面をリストアップしてください」
「それぞれの出来事について、手を出した場合どうなったか、
出さなかったことでどうなったか、そして、それがその子のためになったか、
ならなかったかを考えてみてください
「子どもたちに自力で困難に挑戦する機会を与える」とはどういうことか
考えてみてください。」

逆に、困難ばかり与えてくる親とか、
逆にありがたいってこともあるんだな。ふむふむ。( ..)φメモメモ
日本って、何にも考えなくても生きられるようになってるから、
そういった意味で、困難は少ないのかも!?

で、最後には、著名人の名言で締められます。

「いい子を持つ〇〇〇には、〇〇〇〇〇」

名言は、買ってから覚えてね!

ハーバードの人生を変える授業 (だいわ文庫) [ タル・ベン・シャハー ]

価格:770円
(2020/6/24 15:46時点)
感想(7件)

個人的には、最初のwork「感謝する」だけでも、

すげー人生変わるのでは!?と思ってるんですが、

まだまだ、修行が足りないようなので、頑張ります^^

今日もありがとうございましたー(^^)/

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 勉強しているサラリーマンへ
にほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました

▲TOP