使われてすり減るより、孤独でいたい

雑記

すっかり天気は春なのに風が地味に寒い。

ウーバーイーツは天気が良くなると人の出が増えるせいで、思ったよりも稼げなくなってきました。

それでもちょこちょこスキマ時間をダイエットと称して稼げるので、おススメではあります。

 

先日嫁の後輩が我が家にやってきました。

嫁は看護師をしていて、現在は育児休業中なんですけどね。

で、その子は一回りくらい違うのに嫁を慕っているのか休み中でも普通に遊びに来ます。

自分も自然と会話を聞くことになるんですが。

メンタル病んで休職中らしい。

休むきっかけになったのは、上司の対応だったらしくてね。

時系列的に話すと、

 

  1. コロナの影響もあり、人員配置が色々あったので仕事がきつくなってきた
  2. 仕事に慣れてもどんどん新しい仕事に追われるようになる
  3. 同期がどんどんメンタル病んで5人休職と退職
  4. 周りもピリピリし始める
  5. そんな空気に耐えられなくなり、先輩に相談に行けなくなり自分の仕事にもボロが出始める
  6. 仕事でミスが続き、「何もしていなくても泣いたり眠れなくなり、思うように仕事ができないから少し業務を軽くしてほしい」と師長に相談するが「ちゃんと出勤できてるなら大丈夫だし、(休んだり退職した)他の人に比べて元気そうだ。休んだ人の分はみんなでカバーしないといけないし、他の人はもっと大変だよ」と言われた。
  7. 話にならないことに気づき、後輩は自分でカウンセリングに行った
  8. 適応障害の診断が出て3か月の休職へ
  9. 師長に報告すると、泣きながら「そこまで思い詰めてたことをクリニックに行く前に自分に相談してほしかったのに」と言われた

 

こんなようなことを話していました。

うーん、超絶ブラック・・・これは医療崩壊の一つに過ぎないのかもしれない。

結局こき使われて、すり減ってボロボロに。

 

自分は管理職の無能さは本当に問題だと思っているんだけれど、管理職は管理をするのが仕事なはずなのに、管理できていない人の方が多いのではないだろうか。

そもそも自分が相手に与える影響力を

 

3の段階で、あ、これやばいぞ?って思ったらもっとフォローとかすることができるだろうに、残念ながら周りに不満が広がって4のようになってしまったわけで。特に、6にいたってはもう何の説得にもなっていませんよね。

説得は「自分が何をどう話すか」より「相手が何を思うか」

出典:影響力の武器 戦略編

これ、自分が読んでる本の一部なんですけど、結局変化の直接的な要因はメッセージを送ったとしてもその受け手がメッセージを受け取った後に心の中で何を考えるかが重要なんだそう。

上司はまだあなたは大丈夫だって伝えて励ましたかったのかもしれないけど、他の人と比べてたところで意味はないですよね。痛みや辛さは測れるものではないし。

そして、後輩は上司に心配してもらえないと思ってしまって、もうここで上司への信頼は一切なくなって自分で行動を起こしましたよね。

この上司は自分の影響力を知らないんだと思います。社員のやる気を出させるにはどうすればいいのか。自分はどうしたら上司を変えることができるのか。

気になった人は、この本をどうぞ!

 

影響力の武器 戦略編 小さな工夫が生み出す大きな効果 [ スティーブ・J.マーティン ]

価格:2,420円
(2021/3/11 00:27時点)
感想(1件)

いやー。本当に使われてすり減っていくくらいなら、孤独でテレワークしている方が嫌な上司の顔見ることもなく必要最低限のやり取りをチャット上でしていけばいいわけだから、なんて恵まれた環境なんだろうと思ったって話でした。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 勉強しているサラリーマンへ
にほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました

▲TOP